メーカー別のアメ車買取相場

クライスラーの買取相場【2018年最新版】

更新日:

クライスラーのエンブレム

2017年現在、クライスラーの現行モデルは『300S』と『300 SRT8』の2種類のみ。これは正規輸入されるアメリカ車メーカーの中でも最少のラインナップになっています。

個性的なデザインが人気を博した『PTクルーザー』、大型ミニバン『グランドボイジャー』も2010年に国内での販売を終了しました。

またフィアットクライスラージャパン『イプシロン』は、『フィアット500』で人気のツインエアエンジン搭載で話題を集めましたが、2014年に販売を終了しています。

このように現在クライスラー社は、日本国内では『ジープ』ブランドを強化しており、クライスラーの中古車は人気が下降気味になっています。

ここでは、クライスラーの人気車種の買取相場(2018年11月時点)を公開いたします。クライスラー車を売るときにぜひ参考にして下さい。

クライスラーは一括査定なら高く売れる

買取相場をみても価格が高いモデルと低いモデルに大きな価格差があり、また流通台数も少ないことから買取価格を予想するのが難しいブランドになっています。

したがって、クライスラー車を高く売りたいなら、買取店だけでなくこのような市場動向を把握しているアメリカ車専門店にも査定をしてもらいたいところです。

買取相場表はあくまで参考となります。クライスラーのリアルタイムの査定額を調べるには一括査定をして比較するのが一番簡単な方法です。

 

>>WEBで買取相場がわかる一括査定はこちら

 

クライスラー・300の買取相場

年式グレード型式走行距離買取相場
2015年300 2.7-4.6万㎞86万円
2014年300 リミテッドLX362.6万㎞208万円
2013年300 リミテッドLX363.2万㎞198万円
2012年300-4.9万㎞158万円

『クライスラー・300』の3年3万kmの残価率は50%以下。同じクライスラーグループの『ジープ』のラインアップと比較するとリセールバリューは高いとはいえません。

型式が不明(-表記)の車両は並行輸入車となり、正規輸入車との買取相場の大きな差がわかりやすく金額にあらわれています。

現行モデルの『300S』、『300 SRT8』は中古車としての流通台数が少なく、直近3ヶ月の業者オークションの落札情報が0台でした。

上記の現行2車種については、走行性能を重視した特徴的なモデルのため、リセールバリューは高くなることが予想されます。

しかしこれまでの傾向から、新車登録から3年以降、車検ごとに相場が急激に落ちる傾向があるので注意が必要です。

 

クライスラー・300Cの買取相場

年式グレード型式走行距離買取相場
2011年300 ツーリング-3.7万㎞81万円
2008年300C ツーリング 5.7HEMILE57T7.7万㎞94万円
2007年300 3.5LX353.9万㎞106万円
2007年300C 5.7 HEMILX575.7万㎞113万円
2006年300C SRT8-20.3万㎞68万円

新車価格500万円以上の『300C』も5年経過で買取相場は100万円以下に。走行距離も5万kmを超えるとかなり厳しい査定額になりそうです。

しかし『HEMIエンジン』を搭載した大排気量モデルは、価格の下落は大きいものの、ある程度年数を経過しても粘り強く買取相場を維持しています。

アメリカ車は10万km以上で査定額が0円になるのが普通ですが、経過年数10年以上で20万km以上走行していても『SRT8』ならまだまだ価値があります。

 

クライスラー・PTクルーザーの買取相場

年式グレード型式走行距離買取相場
2008年リミテッドPT248.3万km33万円
2008年リミテッドPT242.8万km66万円
2006年カブリオ ツーリングPT2K242.4万km27万円
2005年GTPT24T3.3万km33万円
2004年カブリオ リミテッドPT2K245.7万km26万円

発売当時は人気が高かった『PTクルーザー』も買取相場はここまで落ちてきています。

高価買取の条件は年式が新しいこと、出来れば走行距離は3万km以内。それ以上になると厳しいかも知れません。

アメリカ車は、“買取価格と実際に店頭での販売価格の差が大きい”ため、買取相場が30万円前後の車両は査定額が0円になる可能性もあります。

PTクルーザーを売るときには、必ず買取相場を調べてから査定に臨みましょう。

 

クライスラー・イプシロンの買取相場

年式グレード型式走行距離買取相場
2014年プラチナ846090.1万km103万円
2013年プラチナ846092.5万km87万円
2013年ゴールド846096.5万km30万円
2012年プラチナ846091.7万km52万円

プラットフォームやエンジンを『フィアット500』と共通化しており、エンジンは“ツインエア”を搭載する魅力的なモデル。

しかし新車・中古車で大人気の『フィアット500』と比べると、買取相場は3年で半分以下。5年で1/4という大変残念な結果になりました。

走行距離は5万kmを超えると0円査定を覚悟しないといけません。

逆にツインエアの『フィアット500』を格安で購入できる考えれば、中古車で『イプシロン』購入するのはかなりお得です。

 

クライスラー・グランドボイジャーの買取相場

年式グレード型式走行距離買取相場
2009年ツーリングRT386.9万km116万円
2009年リミテッドRT3811.5万km43万円
2008年ツーリングRT384.4万km141万円
2007年リミテッドRG33L5.5万km24万円

グレードは『ツーリング』が一番人気。それ以外のグレードは買取相場がかなり低くなっています。

走行距離は5万km以内が理想。しかし『ツーリング』であれば10万kmを超えなければ、まだまだ高価買取が期待できそうです。

買取相場はかなり下がってきておりますが、まだまだ中古車価格は高いようです。査定の前にはしっかり買取相場を把握しておきましょう。

 

今すぐに買取相場を知りたいなら

ズバット車買取比較の公式サイト

アメ車を最高額で売りたい」「まず大体の値段を知りたい」どちらも可能な無料一括査定サイト。

最大10社の買取店やアメ車専門店が競争するので、アメ車を一番高く売ることができます。

また1分の入力だけで買取相場がわかるので、売却検討中でも便利にお使いいただけます。

-メーカー別のアメ車買取相場

Copyright© アメ車買取@査定で最高値で売却するには? , 2018 All Rights Reserved.